404・素敵な褒め上手

Mariya's Songbook(初回盤)

12/4に竹内まりやの提供楽曲集『Mariya's Songbook』が発売になり、例の如くフライングリスニングさせていただいた。今回は、我らが(笑)奈保子さんも参加されるということの期待感もあったが、こうした作家別コンピレーションは歌謡曲作家系〜シンガーソングライター系まで大好きなので尚更楽しみにしていた。感じたことが2つある。

一つは、選曲の節々にまりやさんの想いが入っているということ。ヒット選曲集のDisc-1のラストに松浦亜弥、さらに思い入れのある追加選曲集のDisc-2のラストに森光子を配し、最も提供作が多い岡田有希子のみ3曲収録などしっかり考えられていて、更にうるさ型のファンに向けてはデモ音源4曲も収録し、その中でファンが最も原曲が気になるであろう中森明菜ミック・ジャガーに微笑みを」をセレクト。

そしてもう一つは全曲の想い出エピソードが綴られているのだが、それが実に読ませることだ。これだけ女性が集っていて、しかも中には歌が本業ではなく、アカンことになってる人もいるだろうし(これだけクリアなサウンドだと歌が上手いかどうかが明白、無論奈保子さんは合格です!)、殆ど本人と会わずに作ったり、今では連絡もない人もいたり、まりや本人も改善しろを後悔するような作品もあるはずなのに、全30曲なんとも読後感の清々しい文章を書いているのだ。執筆家によるライナーノーツにて、思い入れのある楽曲とそうでない楽曲で、文章量が10倍くらい異なる人をたまーに見かけるが(苦笑)、この人の場合は、皆ほぼ同じ文章量。奈保子さんに対してはベタ褒め。そして、やっぱりユッコに対しての文章が最も印象的だった。こんなに人を多種多様に褒められる人ってそうそういないし、あらためてこの人の凄さを知った。

ということで、音源だけならば、簡単に転がっている昨今ですが、この文章だけでも1500円くらいの価値はあると思います。ですので、あと、1440円でCD2枚でレア音源も大ヒット音源も最新リマスタリングで聞けると思って、お買い上げいただければ。勿論、お店で買っても良いですし、もしAmazonで買われる方は、上のリンクをお願いいたします。ページの制作費に充てますので〜♪